次世代ネットワーク内部セキュリティソリューション

年々急増するサイバー攻撃はますます巧妙化し、従前のゲートウェイ対策では被害を100%は防ぎきれない状況となりました。
特に危惧されるのは、感染端末からの脅威の拡散による二次被害が甚大な被害をもたらす点で、拡散防止対策の強化が急がれています。
セキュリティスイッチであるCyberDoubleGateはネットワーク内部で発生するセキュリティ脅威を自動検知しブロックする事でネットワーク サービスの安定化を図ります。

CyberDoubleGate800

月額利用料8,800円

※初期費用0円

CyberDoubleGate1600

月額利用料12,800円

※初期費用0円

CyberDoubleGateの特徴

dou_fea_icon1

アクセスレベルのネットーワークセキュリティ特許技術

特表2011-523822「アクセスレベル保安装置及び保安システム」の特許技術でネットワークを守ります。

dou_fea_icon2

有害トラフィック分析専用エンジン(MDS Engine)搭載

MDSエンジンは行為基盤のトラフィック分析を行い、スイッチ性能の低下なく有害トラフィックを自動検知・遮断します。

e

有害トラフィックの選別遮断と拡散防止

CyberDoubleGateは有害トラフィックのみを選別的に遮断する事でサービスの連続性を提供します。
各ポートから発生する有害トラフィックを遮断して異常トラフィックの内部拡散を防止します。

dou_fea_icon7

信頼できるネットワーク構築

情報セキュリティのための国際評価規格、CC認証を取得しています。

dou_fea_icon5

他スイッチとの完璧な互換性提供

世界的に認定されているAVAGO(Broadcom)社のスイッチチップを使用する事で高い信頼性を提供します。また、標準プロトコル支援で他製品との互換性を提供します。

dou_fea_icon6

ネットワークモニタリングソフトウェア(VNM:Visual Node Manager)

ネットワークに分散されているネットワークスイッチを一画面で簡単に管理する事ができます。

dou_fea_icon4

簡単なセキュリティ設定

CyberDoubleGateは既存のソリューションと差別された簡単設定ができます。
セキュリティ機能の使用可否、検知/遮断モードの選択だけでCyberDoubleGateが自動的に有害トラフィックを検知・遮断します。

CyberDoubleGateの機能

既存のアクセスポイントのセキュリティ機能に加え、特許技術 MDS エンジンを搭載することで無線配下のセキュリティを強化できます。
さらに MDS エンジンは、有害パケットのみ選別検知/遮断するため、正常パケットに対する業務継続の維持が可能です。

dou_fea_icon3

Network Attack遮断

Layer2~Layer4のトラフィックを分析してDoS、DDoS、Spoofing、SCAN、Flooding Attack遮断

dou_func_icon2

ネットワークループ
検知・遮断

ループが発生したポートを自動的に遮断します。またネットワーク監視ソフト「VNM(Visual Node Manager)」で発生位置とポートをリアルタイムで確認

dou_func_icon3

電源二重化提供

別途の拡張モジュール無しで電源二重化を提供して電源に障害が発生しても二重化された電源から安定的なサービス維持が可能

dou_func_icon4

Web Alert機能提供

ウイルスなどによる異常トラフィック発生時、ユーザPCのWebブラウザに警告を表示

ウイルスの拡散(スキャンアタック)を防止 パケットの盗み取り(ARP-Spoofing)を防止